MENU

 社会人になってからセックスをする機会がめっきりと減ってしまって、チンコは欲求不満状態になってしまっています。
毎日のようにオナニーでスッキリして睡眠をとる、これが日課となってしまっているのが何とも虚しく感じていました。
学生の頃はまだ周囲に女たちがいたから良かったんだけど、社会人ともなると仕事をバリバリしなければなりません。
社内恋愛をできるやつなんか、結局はそれなりに収入があるやつとかイケメンな奴だけ。
フツメンな俺にとって見ると、社内は全く出会いには不向きな場所になっています。
取引先での出会いも全くないし、ここのところは1人やもめもシコシコで性処理やっていたんです。
ただ安心材料として、会社の先輩の中にもいかにも女にはモテないような若ハゲがいるんです。
あの先輩も暫くは女なんかできないだろうし、自分ばかりがやもめなわけじゃないやって安心感があったんですよね。
きっと先輩もオナニーだけで、性処理楽しんでいるんだろうななんて想像していたんです。
ある時先輩に誘われて、会社の帰りに食事がてらの酒を飲みに出かけていったんです。
給料後だったから、先輩も御機嫌な様子でした。
その先輩が酔っぱらってから突然、即ハメを楽しむことができるなんて話し出してきたんです。
また酔った勢いで随分とひどいハッタリをかますもんだななんて思ってしまったんです。
しかし、スマホの中の写メを見せてきて驚いてしまいました。
この若ハゲが裸で女と抱き合っているところが映し出されているんです。
こいつのにやってんだって感じがしました。

マジで即ハメ楽しんでいるじゃないかと、驚かされてしまったのでした。
詳しい話を聞いてみたのですが、どうやら出会い系サイトを使って相手漁りをしているらしいのです。
彼曰く出会い系にはセフレ候補者がたくさん利用しているから、利用すれば誰にでもセックスをするチャンスが訪れると豪語してきました。
最近全くセックスしていなかったから、この話には心もチンコも反応しっ放しの状態に。
このモテない男に即ハメできるのだから、自分にはさらに強烈なチャンスがそこにあるんじゃないかと思ってしまいました。

 

 絶対に女からモテないと言っても過言ではない先輩が、担当セックスの相手を見つけては肉体関係を楽しむことができると言う事は、まさに衝撃以外のなにものも感じませんでした。
3人のセックス相手をみつける事に成功して、ローテーションで毎週楽しむことができているという先輩。
社会人やってから、まともな出会いもない俺にとってみたらこれはまさに夢のような関係だと思ったんです。
だから出会い系を使って即ハメできるような女探しを始めてみようと思いました。

 

 

名前:三ケ木 茂之
性別:男性
年齢:24歳
プロフィール:
 まさかって事は本当に現実に起こってしまうものだったんです。
感謝の先輩と酒を飲みに行った時の事だったんですけど、如何にも女からはモテることがなさそうのその先輩が、出会ったその日のうちにオマンコに挿れることができているなんて話したんです。
またハッタリかましてるんじゃないのか?と思ったのですが、どうやらセフレを作ることに成功しているらしいのです。
インターネットで相手を探せば、セックスだけで関係を持つことができる女を調達することが可能だと言われてしまいました。